情報強者になる方法。テキスト情報は【読む】から【聴く】へ

5月 2, 2019

あなたは何か新しい分野の勉強をはじめる時、どれくらいの時間をかけますか?

にてんは少しでも興味を持った分野には年齢や性別、その他のメンタルブロックを完全に無視してとにかくやってみる、という感じなので、いつも新しいことに挑戦しています。

ただ、そうなると唯一の壁となるのが、新しい知識のインプット法。

 

インプットさえスムーズにやれれば、未知の分野でさえそこそこの事情通になることができます。

事情通になれば、専門用語が理解できます。

そうすればその分野に特化した情報に触れることができ、またその分野ですでに成果をあげている人たちとつっこんだコミュニケーションをとることができるようになります。

もう、こうすればいっぱしのセミプロ。

あとはインプットした情報を使って体験知を積み、最短距離で習熟していくことができるのです。

というわけで、

にてんがやっている情報のインプット方法を紹介します。

スマホに標準でついている読みあげ機能を使う

スマホで読みたいWEBサイトを表示します。

そこで、普通に読むのではなく、【読み上げ機能】を使ってWEBサイトのテキスト情報を音声で聴くのです。

オーディオブックのような感覚でネットサーフィンができるようになるので、ながらの情報インプットがはかどります。

目も疲れないし、なにかをしながら耳で勉強ができる。

いままでできなかったようなシュチュエーションで勉強できるようになるのがありがたいです。

歩きながらとか、皿を洗いながらとか。

 

操作は簡単です。

スマホについている「読み上げ機能」を使うのです。

にてんはiphoneユーザーなので、iphoneでの操作を説明すると、画面上部から二本指で下にスワイプ。

これだけです。

ちなみにsafariブラウザには「リーダー表示」という、不要な広告などを省く機能があるので、

それを使えばさらにシンプルに記事のみを読み上げることができます。

 

ちなみにスマホのkindleアプリなどはこの読み上げ機能をつかうと自動でページをめくってくれるようになっているので、オーディオブックを買う必要がない!

 

まとめ

「読み上げ機能」を使うことで「読む」を「聴く」に変換できたことで、情報収集のスピードが爆上げします。

 

ぜひお試しあれ。