【恋愛トーク術】女性を動かす会話の流れとは

今日のテーマはアラフォー男性が女性を口説く際の会話の内容について書きたいと思います。

ありきたりな聞き上手になりましょう的な記事を書いてもしょうがないので、上級者向けの、本当に女性を抱ける会話の組み立て方を教えたいと思います。

会話は短ければ短いほどいい

ナンパ師によっては2時間3時間話して和むという人も多いですが、どちらにせよできるだけ短い時間で深く女の子の心に入り込むようにしましょう。

僕であればカフェで40分から50分。

この短い時間の間で女性の心をつかむ会話をするようにしています。

女性にとってはこんな短い時間でこんなに仲良くなれたのは相手が特別だからだ、という認識になります。

一般の男性がだらだら長いデートをして何度も出会って徐々に距離を縮めようとするのですが、そうしたありきたりな関係性との差別化を図りましょう。

会話を短く濃いものにするためのコツは以下の通りです。

  • どうでもいい話題をいつまでもしない
  • それでいて不自然さのない会話の流れ
  • 相手にとって重要な話題は何か?と探りながら話す

趣味や最近のエピソード、そういったことは最初の10分ぐらいで終わらせてしまいましょう。

女性にとってそういった話題は誰にでもする話です。

そういう話をいくら長々としてもあなたという存在は特別にはなりません。

たくさん話をしたからといって女性はあなたに心や体を開こうとは思わないのです。

そこでそういった当たり障りのない話題からより重要な誰にも話せないような話題へとどんどん近づいていくわけですが、その流れが不自然であってはいけません。

女性にとって唐突にプライベートの話を振られるのは怖いものです。

あくまで話題から話題へのつながりを自然に。

そして女性と会話している間は常に相手は何を話したいのか相手にとって重要なトピックは何かということを考え続けてください。

そしてなるべく深いトピックへと会話を進めていけるように、話題を誘導していきます。

3段階の話題レベル

人間の話題には三段階あると僕は思っています。

  1. 誰にでもする話題(最近のマイブーム、最近面白かった出来事、好きな男性のタイプ)
  2. 友達や家族にする話題(将来の人生設計、仕事の悩み、結婚の理想像)
  3. 自分だけの秘密(性癖、人に言えない趣味や仕事、トラウマ、コンプレックス)

1時間足らずの会話で女性があなたに心と体を許そうと思えるには、3の自分だけの秘密の話題をする必要があります。

誰にもしたことのない話をあったばかりの男性にしていると言う特別な体験が、女性の心を強く動かすのです。

あくまでも3です。

1や2の話題でいくら盛り上がったとしても女性はあなたに抱かれたいとは思いません。

少なくとも出会ったばっかりの短時間では。

あなたが目指すのはあくまでも普通の男性では経験することのできないスピードで男女が深い関係になるという行為です。

ありきたりな会話をするのはやめましょう。

自分だけの秘密をあなたには話してしまう

本来人間は誰しも自分だけの秘密を持っています。

それらは本当は話したいのに、色んな問題があって話すことができないのです。

そういう話を生まれて初めて話せるという体験を女性に味わせてあげましょう。

心のブレーキを取り除くような相づちの力を使います。

相づちといってもうなづいたり同意するだけでは相手の心のブレーキは外れません。

もっと積極的なパワーが必要なのです。

例えるなら弁護士が有利な証言を引き出すための誘導質問のような。

誰にも話せない話を自分にだけは話してもいいんだよというメッセージをさりげなく伝えていく必要があります。

それは誘導的な質問です。

例えば、相手に何か過去のトラウマ体験があるのではないかと思ったならそれを引き出すような誘導的な質問をしてみましょう。

「〇〇はさ、話してるとすごくオトナなんだよね。昔けっこう色々あった感じ?」

こうやってそれとなくより深い会話を引き出せるようなきっかけを作ってあげましょう。

そうすれば相手はその誘導に従って徐々に徐々に深い部分をあなたに話してくれるでしょう。

そしてその会話の深さが前述の3の、自分だけの秘密のレベルに達した時、その女性にとってあなたは特別な存在になるのです。

まとめ

会話で目指すべき方向性が見えたでしょうか?

たった1時間の会話にこれだけの戦略を持って挑むということが大事です。

漫然とたくさんの話をする。

それでは女性との距離は縮まりません。

なるべく短い時間で深い話をしましょう。

こうした短時間で相手の心に深く深く入っていく会話の技術は行動心理学やNLPの技術を学ぶことによっても高めることができます。

NLPは特にカウンセリングのテクニックの学びには最適です。

第一人者の一人である石井裕之さんの著作は読んでおいて損はないでしょう。

実際にNLPテクニックをそのまま使うというよりは、会話を掘り下げる際のガイドラインとして覚えていくべきものでしょう。